Thursday, December 29, 2011

ニューヨークの超高級コンドミニアム

やはり、ニューヨークのコンドミニアムは桁違いというニュースを。

12月5日に現在、セントラルパークサウスに建設中の超高層コンドミニアム「ONE57」の販売が開始されました。
「ONE57」は、1階~30階までがホテルとして、31階~90階はコンドミニアムとして使用されます。

まだ建築中ですが、完成すれば地上約306メートルで、マンハッタンで最も高いの住宅用のビルとなる予定です。
(※しかし、現在地上400メートルを越すコンドミニアムの建設プロジェクトが始まっているので、そのビルが完成する2016年には、トップの座が入れ替わる予定です。)
この「ONE57」は、ドアマン、コンシェルジェ、フィットネスセンターはもちろん、シアタールーム、図書館、インドアスイミングプール、そして下層のホテルのサービスを使用でき、最高の設備を備えています。
しかし、なによりも驚くべきなのは、その価格です。
以下がその価格表です。


(※価格の単位は、100万ドル。1ドル80円換算で、100万ドル=8000万円)

現在、マンハッタンミッドタウンの1ベッドルームの中間値が$990,000で、セントラルパークサウスは、$1,950,000となっており、いかに高額かがわかると思います。

ディベロッパーである「Extell Development Company」のゲイリー・バーネット社長は
「高すぎる値段ではない。最高級のホテルサービスと最上の眺めを見ることが出来るのだから」とのコメント、
そして、実際に販売開始から1週間で、既に$45ミリオンの部屋を2件契約したとのこと。
実際の入居は2013年から始まるとのことですが、すでに世界中の投資家にとって注目の的になっている最高級コンドミニアム「ONE57」。

ホームページからその自慢の眺めを体験できるので、

(住友不動産販売NY 三橋健司)

Thursday, December 22, 2011

キャピタルゲイン税対策 【不動産売却時】

ニューヨークの不動産につきまして、不動産を売却した時に売却益が出た時にはキャピタルゲイン税が課せられます。その売却代金を使って代わりの物件を買うことで、この納税義務を避ける方法があります。米連邦税法の第1031条に規定される「Like-Kind Exchange(類似物件交換による課税免除法)」がそれに該当します。基本ルールは次の通りです。

①交換する旧物件と新物件が、共に投資用あるいは事業で利益を生むために所有される物件であること。自分の居住用住宅の売買には適用できない。

②旧物件と新物件とが「類似する種類」の資産であること。基本的には互いに不動産とみなされる資産であればすべて類似資産とみなされる。例えば、住居用物件と商業用店舗との交換でもよい。

③交換は同時でなくてもよいが、一定期間内に全ての取引が完了しないとこの税法は不適用となり、課税免除の効果を失う。具体的には旧物件の売却日から45日以内に交換する新物件を特定し、そして180日以内にその新物件が完了しなくてはならない。

④旧物件の売却から新物件の購入完了までの一連の取引は、特定の仲介業者が代行する。売却代金はその仲介業者が一時的に預かり、売主はこれに直接手をつけてはならない。

⑤旧物件の価格の方が新物件よりも高く、その結果売却代金の一部を実際に利益として受け取る場合には、その受け取りに対してのみ通常のキャピタルゲイン税の支払い義務が発生する。

上記のほかにもさまざまな状況に応じた規定があります。ニューヨークの不動産につきまして納税回避をお考えでしたら、住友不動産販売ニューヨークインクまでご相談下さい。
【参考文献USウィークリー・ビズDec/17/2011】

(住友不動産販売ニューヨーク 金澤)

Saturday, December 17, 2011

億万長者、5番街のコープを34ミリオンで買う

億万長者のロバート・バスが34ミリオン(3400万ドル=27億2000万円)で、834フィフスアベニュー・ビルディングのアパートを購入したことがニューヨーク・オブザーバー・レポートにより、報告された。

Robert Bass:ニューヨークを拠点するプライベート・エクイティ・ファームであるオークヒル・キャピタル・パートナーズの創始者。Aerion社の創始者。


ニューヨークを拠点するプライベート・エクイティ・ファームであるオークヒル・キャピタル・パートナーズの創始者ロバート・バスは
その12階のアパートを、資本家のデーモン・メザキャパから買い取った。
Damon Mezzacappa: 金融家。


イースト64丁目のセントラルパーク動物園のちょうど通りをはさんで向かいにあるこの「エリート・コープ」は、過去に、
ルパート・マードック :ニューズコーポレイション:(映画、新聞、テレビ、出版、インターネットなどのメディアを傘下におさめる寡占企 業)の会長兼最高経営責任者

チャールズ・チュワブ:チャールズチュワブコーポレイションの創始者・会長
ケイシー・ジョンソン: ジョンソン&ジョンソンの悲劇の直系女子相続人。女優、モデル。
等が住まいにしており、メルドック氏が高額を払いすぎ購入した時の価格4400万ドルは、2005-2008年の間、ニューヨク・コープ取引史上最高値として歴史に残っている。
デベロッパー・ヘイマンプロパティズのラリーヘイマンが3600万ドルでこの834FifthAvenueの中の一室を今年始めに購入しているが、コープ売買取引価格史上トップ20のうち、この834FifthAvenueの中のユニット4室が占めている。
現在マーケットに出されているのは、3/4Cのデュープレックス(2階建て)、2750万ドルの1件。
★4階:それぞれにフルバスルーム(トイレ、洗面台、バスタブ&シャワー)のついた、3つの大きな寝室。スタッフの為の部屋5室とトイレ2つ、フルバスルームが1つ
★図書室、ギャラリールーム、リビングルーム、ダイニングルーム、キッチン、お食事準備室、ブレックファストルーム、スタッフルームが3室とトイレが3つ、フルバスルームが一つ。

  

ご興味のある方、住友不動産販売ニューヨークまで、ご一報ください。
先方とのご商談、アレンジさせていただきます。

ニューヨーク 12月16日(金曜日)華氏42度、摂氏6度 曇り
住友不動産販売ニューヨーク・工藤 直子

Thursday, December 8, 2011

Long Island Cityの今後をどのように見るか?

Long Island City はManhattanからQueensboro Bridge を渡ったQueens区に位置し、利便性や安全性の高さから、数多くの日本人が住んでいます。

その中心に位置するQueensboro Plaza駅から徒歩5分くらいのCiti-corpビルに隣接するエリアに、開発ディベロッパーのRockrose社が、42階建ての高層ビル建設に着手しました。
709世帯の賃貸物件があり、平均でStudioが $1,750から3 beds roomで$4,150というラインナップで、マンハッタンに比べ25%くらい割安の価格帯になっています。

周辺は自動車修理工場や食品工場が目立ち、これからいかに利便性や安全性を強調できるかが、今後の大きな課題となりそうです。

ちなみに橋のたもとに位置するSilvercupという看板の建物は現在は撮影スタジオでHBOのSex and Cityなどが収録されたことがあります。また、フォーチュンクッキー の工場があり、1日4百万個のクッキーが生産されています。
この10年でQueensboro Plaza駅をはさんだエリアにホテルやコンドミニアムが多数出来てきており、今後大きく様変わりする可能性は非常に高いと思われます。

マンハッタンまで地下鉄で5分という割には、あまり発展してこなっかたエリアだけに今後の動向に注目したいと思います。