Tuesday, May 22, 2012

マンハッタンの駐車場事情

ミッドタウンの高級フレンチで土曜日のディナーをしたが、その価格に驚いたという話を聞きました。
その方は郊外に住んでいるため、車でマンハッタンまで来られ、店の近くの駐車場に3時間程度停めたそうです。
その価格の驚きとは、料理の値段ではなく、駐車場代が一人分のコース料理の料金を軽く超えたということで、もう二度とマンハッタンには乗り入れないと嘆いていたとのこと。
ミッドタウンでは、1時間あたりの駐車場代金が50ドルを超える箇所も珍しくなく、コロンバス・サークル界隈では、月契約で1,200ドル以上する駐車場 も存在するそうです。全米の平均の月極駐車場代金が150ドル程度ということですから、いかにマンハッタンの料金が高いかがうかがえます。
ちなみに六本木ヒルズの月極駐車場は10万円すると聞きますから、ニューヨークと東京の物価は、なかなか良い勝負ではないでしょうか?
数年前からのマンハッタンのコンドミニアム建設は、もともとの土地が駐車場ビルだったところが多く、新しく建てたコンドミニアムには地下駐車場が併設されていないケースが多々ありますので、マンハッタン内の駐車可能台数は、かなり減少していると思われます。
10年位前は、パーキングチケットを買って路上に駐車することが比較的容易でしたが、最近は、自転車レーンやバス専用レーンが増加し、ますますマンハッタ ンに駐車するのが困難になりました。反則金も100ドル超えるケースも多く、車を締め出してると思わずにはいられません。
この流れは、ハーレムエリアにも波及し、最近の125ストリートの西側では、駐車場スペースから商業やオフィス系のスペースに建て替えが可能なようにゾー ニングを変更しています。駐車場スペースよりも、人が活動するスペースをつくる事により、街の活性化が進み安全で快適なハーレムというイメージが徐々に浸 透していくことが目的と思われます。
マンハッタンに住みながらマイカーを保有するというのは、ますます高嶺の花となりそうです。
Soichiro Minami(住友不動産販売NY)

No comments:

Post a Comment