Saturday, June 23, 2012

マンハッタンの不動産の波

先日、のんびりとブルックリン地区にあるProspect Parkを散策しました。意外にもCentral Parkの4分の3の大きさ(約2.13k㎡)があり、Central Parkと同じ造園家らにより設計されたため、どことなくCentral Parkに似た雰囲気を醸し出していました。
坂道に誘われて、Park Slopeを歩いていると19世紀からのブラウンストーン・ビルディングが整然とならぶ上品な町並みが続いています。
この静かな町並みにも、マンハッタンからの不動産価格の高騰の波が押し寄せているようで、この一年でブラウンストーン・ビルディングの販売価格が 20%も上昇しました。IKEAが存在するRed Hook周辺では、50%も上昇した物件もあり、昨年110万ドルであった物件が、今年になって170万ドルで売却されたケースもあり、今後もこの波は今 後も続くと予想されています。
その不動産高騰の震源地であるマンハッタンでは、1ヵ月の平均家賃が先月3,510ドルとなり史上最高値を更新しています。(米不動産仲介会社CitiHabitats調べ 5月現在)
STUDIO(ワンルーム)  2,065ドル
1 Bedroom      2,810ドル
2 Bedroom      3,920ドル
3 Bedroom      5,246ドル
57丁目に建設中の90階建てのビルディング(下層階には高級ホテルのパークハイアット、上層階にはコンドミニアムが入る)の最上階には、早くも買い手が現れ9,000万ドルを上回ったとのこと、これも史上最高額を更新しています。
欧州発の金融不安や米国の株価安、あまり良いニュースは聞こえてこない中、世界の富裕層は、きわめてリスクの少ない手段として不動産という資産を購入していると思われます。
今後の動向が、とても楽しみであります。
Soichiro Minami住友不動産販売NY

No comments:

Post a Comment