Thursday, October 25, 2012

REBNY(NY不動産協会)2012年第3四半期住宅レポート

2012年10月11日に発表されたREBNYからの情報によると、「アメリカ経済の追い風も一段落している状況であるが、今回のデータを見る限り においても、ニューヨークの不動産市場はまずまず安定している状況である。」と、スティーブン・スピラノREBNY会長は述べています。
市全体の平均住宅販売価格は786,000ドルとなっており、2012年第3四半期のニューヨーク市の平均住宅販売価格は1%、販売件数は6%、昨 年同四半期に比べてそれぞれ上昇しています。市全体の住宅取引総額は、86億ドルで前年同期より7.2%上昇しており、マンハッタン内において、10億ド ル以上の物件は26件販売されており、そのうち40億で売却された物件(973 5th Ave)も存在しています。
市全体の平均コンドミニアム販売価格は1,156,000ドルであり、前年同期より7%上昇しています。また、市全体の平均コーポラティブ販売価格は729,000ドルであり、前年同期より4%下降しています。
地域的に見ていきますと、マンハッタン区の住宅取引総額は51億ドル、前年同期より5.1%上昇しています。ブルックリン区の住宅取引総額は17億 ドル、前年同期より10.5%上昇しています。また、クイーンズ区の住宅取引総額は13億ドル、前年同期より3.5%上昇しています。
全体的には、前年同期より数値的に上昇傾向ですが、ブルックリン区のウイリアムズバーグにおいては、コンドミニアム販売件数は前年同期より30%の落ち込 みをみせました。イースト川沿いの大型コンドミニアム(EDGEやNORTH SIDE PIERS)がほぼ完売したことにより販売件数が大きく落ち込んだことが要因とされています。
REBNY2012年第3四半期住宅営業ハイライト
マンハッタン区
アッパーイーストにおける、平均コンドミニアム販売価格は2,014,000ドルであり、前年同期より17%上昇しています。販売件数においても前年同期 より15%上昇しており活況を呈しています。一方ミッドタウンウエストにおきましては、コンドミニアム販売件数は前年同期より9%落ち込み、平均コンドミ ニアム販売価格も1,419,000ドルと3%の下降となりました。
マンハッタン区の平均コンドミニアム販売価格は1,616,000ドルであり、前年同期より7%上昇しています。また、平均コーポラティブ販売価格は1,062,000ドルであり、前年同期より8%下降しています。
ブルックリン区
ウイリアムズバーグにおいては、コンドミニアム販売件数は前年同期より30%落ち込みました。一方、平均コンドミニアム販売価格は708,000ドルであり、前年同期より6%上昇しています。
ブルックリン区の平均コンドミニアム販売価格は664,000ドルであり、前年同期より8%上昇しています。また、平均コーポラティブ販売価格は428,000ドルであり、前年同期より8%上昇しています。
クイーンズ区
フラッシングにおいては、コンドミニアム販売件数は前年同期より7%落ち込みました。平均コンドミニアム販売価格は446,000ドルであり、前年同期より4%上昇しています。
クイーンズ区の平均コンドミニアム販売価格は455,000ドルであり、前年同期より2%上昇しています。また、平均コーポラティブ販売価格は222,000ドルであり、前年同期より2%下降しています。
ブロンクス区
シティアイランド/ペルハム・ベイ/ペルハムストリップ/カントリークラブ/スロッグズネック/シュラビルにおいては、コンドミニアム販売件数は前年同期より8%落ち込みました。平均コンドミニアム販売価格は397,000ドルであり、前年同期より1%上昇しています。
ブロンクス区の平均コンドミニアム販売価格は320,000ドルであり、前年同期より5%上昇しています。また、平均コーポラティブ販売価格は245,000ドルであり、前年同期より17%上昇しています。
スタッティンアイランド区
スタッティンアイランドにおいては、住宅販売が活況を呈しており、前年同期より販売件数は43%上昇しています。
(住友不動産販売ニューヨーク Soichiro Minami)

No comments:

Post a Comment