Wednesday, January 30, 2013


http://sumitomothree.olrblog.com/wp-content/uploads/2013/01/2.jpghttp://sumitomothree.olrblog.com/wp-content/uploads/2013/01/3.jpg


http://sumitomothree.olrblog.com/wp-content/uploads/2013/01/1.jpg昨年5月のブログ「2012年春のRetailレポート」でマンハッタンのRETAIL(店舗物件)市場は非常に強いというお話をさせていただきましたが、今回もまたニューヨーク不動産協会(REBNY)のレポートを紹介させていただきます。
2012年秋期RETAILレポートによると、マンハッタンは高い需要性と限られた供給性のために店舗物件市場が非常に強く、主要なショッピング通りはま だまだ賃貸希望価格(asking rent)を上げ続けているということです。特に五番街42丁目から49丁目のエリアと、いわゆる※1) フラットアイアン地区(Flatiron District)が突出しています。これは、上向きにある消費者マインドと、急成長しているニューヨーク市の観光産業の影響を受けています。レポートに よると、42丁目から49丁目の五番街で2012年の春期の※2) $1,021/sf に比べて13%,、2011年の同時期に比べると51%も値上がりしています。14丁目から23丁目のフラットアイアンショッピング通りでは、昨春以来 27%も増加して$273/sfにまで上がっており、これは昨秋と比べても19%増になります。同様に、フラットアイアン地区内の五番街沿いは、2012 年春期から16%増の$350/sfになり、これは2011年秋期からは25%増になります。
REBNY会長のスティーブン•スピノラは、次のように言っています。
「主要な場所に存在している非常に少ないプライム空間を取り合う競争の激化により、これらの地域で賃料は史上最高値になっています。本来は五番街49丁目 から59丁目の方がより突出したエリアなのですが、そのエリアのスペース不足がこのショッピング街の境界線の軟化につながっていると思われます。知名度の 高い小売業者なら、旅行者の交通量の多い五番街南側(42丁目から49丁目)にスペースがあればすぐに前向きに検討するでしょう。このショッピング街が進 化し成長するにつれて、経済も確実に後押しされ、小売業者も更なる成長のチャンスを得ることでしょう。」
このレポートの期間内で、1階スペースにおいて成長を示している他のショッピング街は下記の通りです。
1) ブロードウェイと七番街の間で42丁目から47丁目。2012年春期から31%増で$1.833/sf。
2) 57丁目の五番街とパークアベニューの間。2012年春期から28%増で$884/sf。
3) ヘラルドスクェアと呼ばれる34丁目の5番街と7番街の間。2012年春期から22%増で$683/sf、2011年秋期からは42%増。
全体的に見ると、マンハッタン内のすべてのスペースの賃貸希望価格は4%下がって$110/sfになっています。これは、人気の高いプライムロケーション がすでに専有されているからです。1階スペースの賃貸希望価格は、交通のアクセスが良いことは勿論のこと、例えば通りの間口の広さ、店の奥行き、柱の位 置、天井の高さ、中二階や地下スペースが付随するか等、幅広い要因に基いています。
レポートによると、同様に重要なことは、その場所が新興市場にあり、その地域がより増加した顧客ベースをサポートできるかどうかであると言っています。なぜなら、それはより高い賃貸希望価格ににつながるからです。
以上が、ニューヨーク不動産協会の2012年秋期Retail レポートを基にした考察ですが、ニューヨークで店舗開設をお考えの皆様のご参考になれば幸甚です。その他のエリアの賃貸希望価格は下記のようになりますのでご参照ください。
※1) 1平方フィート=約30cm四方=約0.028坪 にかかる年間賃料が$1,021ということ
※2) フラットアイアン地区については、1月22日付け情報ブログをご参照ください。
森重明子(住友不動産販売ニューヨークインク)

Thursday, January 24, 2013

50 United Nations Plaza

国連ビルが存在する1st Aveの46丁目界隈は、治安もよく、非常に落ち着いたエリアであり、弊社の短期アパートもそのエリアに存在します。その斜め前に、基礎工事で止まってい た土地がありましたが、やっとこの程、建設工事が始まりました。この土地は2007年にZeckendorf Development社が$160ミリオンで購入したもので、世界的建築家Norman Foster氏の手がけるニューヨーク初のコンドミニアムビルとなります。このZeckendorf Development社と弊社との関わり合いは古く、過去にBroadwayの67丁目にあるMillennium Towerの共同開発を行った歴史があります。
この50 United Nations Plazaは、地上44階建ての1フロア当たり6,000SFの面積となるプライベート色の強い上品な最高級コンドとなります。全体で87ユニットとなる 予定で、1ベットが1,100SF、3ベットが3,000SF、ペントハウスが 10,000SF程度とゆったりとした空間造りとなっています。
Zeckendorf Development社といえば、ニューヨークで一番高額なコンドミニアムと証せられる15 Central Park West (ゴールドマン・サックス・グループ最高経営責任者やミュージシャンのスティングも所有)を開発した会社であり、世界の富裕層を魅了する空間造りで定評が あります。
Norman Foster氏はマンチェスター大学で建築学及び都市計画を学び、卒業と同時にイエール大学大学院へ進学し、修士号を取得しました。「建築は芸術と科学と の融合」を持論とし、世界中で100を超える多様なプロジェクトを手掛けています。日本では、文京区本郷にある順天堂大学病院事務棟が有名であり、換気や 冷暖房などのエネルギーを無駄遣いしないエコロジカルで快適なオフィス空間です。
ここニューヨークにおける彼の作品では、57th ストリートと8th Aveの角に位置する「ハースト・タワー」が有名であり、ひし形のガラスで覆われた42階建てのタワーは一度見たら忘れられない存在感を示しています。6 階部分までは、1928年に建てられたアールデコの壁面が残されており、洗練されたハイテク美と環境への配慮により、世界的な賞賛を浴びています。
Zeckendorf Development社とNorman Foster氏との夢のコラボレーション。一体どんなコンドミニアムビルとなるのか50 United Nations Plazaが非常に楽しみです。
(住友不動産販売NY Soichiro Minami)
50 un plaza イメージ

Tuesday, January 22, 2013

マンハッタンでどこに飲食店を開きますか?

ニューヨークで飲食店を始めたいという方が一番大事にされるのは、価格は勿論のこと、どこに店舗を持つかということです。当然、観光客の人通りが絶えず、 かつオフィスビル街でたくさんのビジネスピープルがランチやディナーに来てくれ、その上、近くに大学があって大学生がたむろし、そしてそこに住んでる人も たくさんいて土日もお客さんが来てくれること…ときりがありません。
いったいそんな場所があるの?!と思ってしまいますが、ニューヨークのマンハッタンというところはそれが存在するのです。というのも、そもそもマンハッタ ン島は山手線の内側とほぼ同じサイズで、その中でもセントラルパーク以南からソーホーあたりまで、つまりさらにその5分の1くらいのエリアに有名な五番街 等のショッピング街、オフィスビル、ブロードウェイ等のエンターテインメント、レストランやホテルがひしめき合っているのです。その中に、ニューヨーク大 学を始めとする大学も点在し、その上居住用のビルも連立していてちゃんと人が生活している、それがミッドタウンからダウンタウンにかけた商業エリアです。
しかし、このエリアの店舗スペースの賃料はめちゃめちゃ高い!この世界一有名な商業エリアで成功したいという人が世界中から集まってくるので、常に満杯状態で、値段はどんどん上がっていく一方!
その中でも五番街が特に有名なのはご存知だと思いますが、最近特に人気が高まり賃料が高騰しているエリアがフラットアイアン地区というエリアです。
皆 さんも映画などで見かけたことがあると思いますが、マンハッタンの象徴的なビルとしてよく紹介される三角形の珍しい形をしたビルをご存知ですか?名前をフ ラットアイアンビルディング (Flatiron Building) といいます。1902年に建てられた高さ87m、22階建てのビルで、五番街とブロードウェイが交差する23丁目にその三角の頂点があり、22丁目にその 底辺が面しているという形です。 
このフラットアイアンビルディングから名前を取ってフラットアイアン地区と名づけられたエリアは、
地 図のように南北は20丁目から26丁目、レキシントンアベニューから六番街まで。フラットアイアンビル前の歩行者用のパブリックスペースができたのが 2009年春、すぐ横にはマディソンスクェアガーデン、2010年9月にはイータリー・ニューヨーク(Eataly New York)という大型イタリアンマーケットもでき、どんどん活気を増しているエリアです。
商業店舗スペースにおいて賃料が高いということは、それだけ人気が高く、ビジネスチャンスがあるということです。特に、世界中から成功を目指して様々なビ ジネスが集まってくるニューヨークにおいては、まずはビジネスチャンスの高いロケーションを獲得するという勝負に勝たねばなりません。そもそも空室率が非 常に低いニューヨークにおいては場所が良くて値段が安いなんていう掘り出し物は、残念ながらめったにありません。その認識が低いままだと、永遠に存在しな い物件を捜し続けることになってしまい、時間とお金を浪費した上に、ニューヨークでの夢を諦めてしまうことになってしまいます。ビジネスプランをしっかり と立て、限られた物件の中で、理想的ではなくとも最低限の要件を満たしていれば決断した方がいい場合もあります。空前の円高が円安に振れ始めた今、それで もまだ円高のうちに一歩踏み出してみませんか?
住友不動産販売ニューヨークインク商業部では、お客様の夢の実現のための物件選びを総合的にサポートさせていただきますので、ぜひご相談ください。
森重明子(住友不動産販売ニューヨークインク)

Friday, January 11, 2013

Sumitomo SIR lunches a Chinese Blog via Sina Blog platform

Sumitomo International Realty (SIR) lunches a Chinese Blog via Sina Blog platform, which is the No. 1 online media for Chinese communities around the world. Sina has over 100 million registered users worldwide. Through Sina Blog, together with Sina Weibo, which has 56.5 percent of Chinese micro-blogging market based on active users and 86.6 percent based on browsing time over Chinese competitors, Sumitomo SIR plans to open Chinese buyers’ market.
Here is the link to SIR Chinese Blog on Sina,
http://blog.sina.com.cn/u/2412152553
Welcome to visit us! Cheers!