Friday, April 19, 2013

2013年第1四半期オフィス市場レポート

先週第1四半期オフィス市場レポートが発表されましたので、現在のマンハッタン市況の概略を御説明いたします。
今期主だった大型物件のオフィス移転に関しましては、Li &Fung社(床面積482,399SF)がエンパイアステートビルに移動、Deloitte & Touche社(床面積426,139SF)がGEビルに移動、Havas社(床面積225,474SF)が200 Hudson Stに移動となっております。
クラスAビルに関しましては、昨年の第4四半期に比較して全体で719,525SFの取扱い面積が減少した結果となりましたが、クラスAビルの空室率に関 しましては、8.6%となっており三期連続で改善されており、リーマンショック以前の2005年水準まで戻っております。
地域別概況は、以下の通りです。
○マンハッタン全体オフィス市場
全マンハッタンのClassA,B及びCビルの全体平均賃料は、2012年第4四半期の$49.48/Sfから$49.78/Sfへとわずかに上昇しまし た。空室率は、7.4%から7.2%となっております。Class Aビルで見た場合の賃料は、2012年第4四半期の$56.77/Sfから$56.49/Sfへと下降し、空室率は、8.8%から8.6%となっておりま す。
○ミッドタウンオフィス市場
ミッドタウンのClassA,B及びCのビルでの賃料は、2012年第4四半期の$55.87/Sfから$57.00/Sfへと若干上昇しました。空室率 は、8.0%から7.9%と改善しています。Class Aビルで見た場合の賃料は、2012年第4四半期の$67.10/Sfから$66.70/Sfへと下降し、空室率は8.9%となっております。
○ミッドタウンサウスオフィス市場
ミッドタウンサウスのClassA,B及びCのビルでの賃料は、2012年第4四半期の$49.13/Sfから$48.54/Sfへと下降しました。空室 率は、6.2%から5.8%となっております。Class Aビルで見た場合の賃料は、2012年第4四半期の$61.07/Sfから$52.70/Sfとなり、空室率は8.7%となっております。
○ダウンタウンオフィス市場
ダウンタウンのClassA,B及びCのビルでの賃料は、2012年第4四半期の$39.77/Sfから$40.28/Sfへとわずかながら上昇しまし た。空室率は7.0%から7.0%と変化はありません。Class Aビルで見た場合の賃料は、2012年第4四半期の$41.19/Sfから$41.79/Sfへとわずかに上昇し、空室率は7.6%から7.7%となって おります。
Soichiro Minami 住友不動産販売NY  商業部

No comments:

Post a Comment