Tuesday, April 30, 2013

ブロンクス・リテールマーケットの開花

ショッピングモール「BROADWAY PLAZA」完成予想図
  ブロンクスのリテールマーケットが活発化してきており、数件の新しいショッピングセンターがブロンクス地区内にできる事が、世界的な大型チェーン店の、未開発エリアへの進出を促すだろうと、ウォールストリートジャーナル誌が報じた。
不動産投資信託会社のエクイティ・ワン、世界144箇所の店に投資しているこの会社が、ブロードウェイプラザ(BROADWAY PLAZA)という約12,555㎡(135,000sf)のショッピングセンターを、キングスブリッジ地区(Kings Bridge、171west230Street)に建設し始めており、この50ミリオンドルのセンターは2014年オープンに向け準備を始めており、レ ントは30-50ドル/PSFになる予定である事を、エクイティワンの副社長、マイケルベルフィールド氏(Michael Berfield )はウォールストリートジャーナル誌に語った。
数ブロックはなれたロケーションでは、メトロポリタン・リアルティ・アソシエイツとアンジェロゴードン・アンド・カンパニーとの合弁会社が、以前 クッキー工場があった敷地内に、約15,066(162,000SF)のショッピングセンターを建設している。この、リバークロッシングショッピングセン ターでは、小さなお店と一緒に、代表店舗としてBJ’sホールセールクラブ(BJ’sWHOLESALECLUB)が入る予定。
「我々は、これらの二つのプロジェクトは本当にキングス地区をショッピングモールエリアとして確立してゆく思うし、これをきっかけに、今後、色々な 有名ブランドがブロンクスに進出してくると思うよ」と、ジョンデージオ、ブロンクス自治会長、ルーベン・ディアス・ジュニアのためのスポークスマンは、 ウォールストリートジャーナル誌に語った。
確かに、キングスブリッジにおけるこの二つのプロジェクトの開発は自治区のいくつかのエキサイティングな小売のプロジェクトの一つで、来年には、プ レステージプロパティにより、ベイプラザ(BAY PLAZA)に、メイシーズ、JCペニーなどの大型チェーンの入った、72,540㎡(780,000SQF)のショッピングモールもオープンされる予 定。
「ブロンクスは現在、以前とは比べ物にならないほど動きのあるリテール環境に変化しつつある地区です。」クイーン・オブ・リテイルと呼ばれているダ グラス・エリマンのヘッド、Faith Hope Consolo(フェイス・ホープ・コンソロ)氏は、ウォールストリートジャーナル紙に語った。 「これらブロンクスに進出中のリテール・ショッピングセンターは、ただの“地元の商店”ではありません。大型チェーン店進出によるショッピングモールの出 現、これは今、国家的ならびに国際的に注目されるリテールの動きとなっています。」
今後の、ブロンクス、どのようになってゆくのでしょうか。成長が気になりますね。進出に興味のある方、住友不動産販売ニューヨークへお問い合わせください。皆様からのお問い合わせ、お待ちしております。
4月30日(火曜日)晴れ 華氏61度・摂氏16度
住友不動産販売ニューヨーク・工藤 直子(Naoko Kudo)

No comments:

Post a Comment