Tuesday, June 18, 2013

ブルックリン・ダウンタウン・BAMの変貌~文化設備と住居の融合~


ニューヨーク市議会は、6/17(月曜日)本日、BAM SOUTH BUILDING(ブルックリンアカデミーオブミュージック劇場サウスビル ディング)の開発に着手した事を、WNYC(ニューヨーク公営ラジオ放送)が報道した。 TWO TREE MANAGEMENT(トゥーツリーマネージメント)により開発されたこの住宅とのプロジェクトは、50,000SF(約4,650㎡)の文化センター、 20,000SF(約1,860㎡)の公共広場と300戸の住宅をを併せ持っている特徴的な建物である。
トゥーツリーマネージメントの主任、JED WALENTAS(ジェド・ウォレンタス)氏は、「ニューヨーク市とパートナーを組み、ブルックリンの最も革新的な文化機関であるこの施設の開発を進め、 ブルックリン・ダウンタウンを世界クラスの文化地区として成長させることに貢献した事を誇りに思い、ニューヨーク市からの支援にとても感謝している」と、 放送で声明を述べた。
市議会のメンバーLETICIA JAMES(レティシアジェームズ)は、この案を通す為には、近隣に立つPACIFIC STREET LIBRARY(パシフィックストリート図書館)をBAMサウスビルディングに移動し、図書館の元の構造を保持する事を条件に、この決議案に合意した。
以前、ジェームズは、建設労働者に補償賃金を支払わない限り、プロジェクトを拒否すると脅されていたとも報道されており、また、現在60戸を予定し ている格安公民用住戸が十分でなく、増戸をシティから要求された場合、図書館部分を削らなければいけなくなる事を懸念しているとも話している。
一方で、トゥーツリーマネージメントの創始者DAVID WARENTAS(デイビッドウォレンタス)の妻JANE WARENTAS(ジェーンウォレンタス)は先週、都市公共擁護者の為のジェームズキャンペーンの為の支援を取り消された事も報じられている。
順調にプロジェクトは進むのでしょうか。BAMサウスビルディングに住む事ができたら、コンサートに読書に、生活の文化レベルが上がりそうですね。
~THE REAL DEAR NEW YORK より~
6月17日(月曜日)雨のち曇り 華氏77度(摂氏25度)
住友不動産販売ニューヨーク・工藤 直子 
Naoko Kudo

No comments:

Post a Comment