Tuesday, July 9, 2013

グレートギャッツビーの舞台、ロングアイランド

 先日、レオナルド・ディカプリオが主演する、F・スコット・フィッツジェラルド著作「グレート・ギャッツビー」の映画が公開されました。大富豪の 主人公ギャッツビーが住んでいた場所は、ロングアイランドという島です。ロングアイランドはマンハッタンのすぐ隣に位置する島で、アメリカ合衆国国土に隣 接する島としては合衆国中最大の島となっております。マンハッタンのすぐ隣という交通の便のよさから、多くの人が郊外のロングアイランドの戸建てに住ん で、マンハッタンへ通勤しています。
 ロングアイランドの中でも、実際にギャッツビーが住んでいたウェストエッグ(West Egg)というエリアは、架空の地名ですが、実際にモデルになったエリアは、グレートネック(Great Neck)という高級住宅街になります。マンハッタンの中心部に位置するペンステーション(Pen Station)から、ロングアイルランドほぼ全域を網羅するロングアイルランド鉄道(Long Island Railroad)に乗って約30分の場所に位置する、湾に面する自然豊かな美しいエリアです。そのエリアには、実際にGatsby Lnという、ギャッツビーの名前の付いた通りも存在します。作者のフィッツジェラルド自身もこのエリアに実際に住んでいた事があるようです。
 実際に私もグレートネックに行ってみましたが、特に湾に面するエリアの住宅地は、小さなお城のような、それは立派な高級住宅が立ち並んでいました。車でドライブがてら訪れたのですが、1軒1軒前を通る度に驚きの連続でした!

 今回のブログでは、その高級住宅地グレートネックの、超高級賃貸物件を2件程ご紹介いたします。
[グレートネック賃貸物件①]
場所:Gatsby Ln & Kings Point Rd, Great Neck
種類:1階建戸建て(6,330 sqft(588平米))
サイズ:5ベッドルーム/ 4バスルー�
家賃:月$12,000(約120万円)
その他:暖炉、プール付き
概要:その名もGatsby Lnに隣する物件です。すぐ目の前がビーチとなり、ほぼプライベートビーチ並みにゆっくりくつろぐ事ができ、ギャッツビーの気分を味わう事ができます。


[グレートネック賃貸物件②]
場所:Cooper Dr & Cooper Gate, Great Neck
種類:3階建戸建て(5,300 sqft(492平米))
サイズ:6ベッドルーム/ 6バスルー�
家賃:月$8,750(約87万5千円)
その他:サウナ、パティオ付き
概要:3階建て、パティオ付き大理石床の高級物件です。こちらの物件もビーチのすぐ側となっており、週末等はゆっくりくつろぐ事ができます。


 今回ご紹介いたしました物件は、住友不動産販売ニューヨークでもご紹介は可能ですので、ご見学をご希望の方は、金澤(646-769-8354)までご連絡下さい。ご案内させて頂きます。
 また今回ディカプリオが主演した映画「グレートギャッツビー」ですが。「グレートギャッツビーは」過去にロバートレッドフォードが主演したり、何度か映 画化されていますが、特に今回の映画では、プラダ等高級ブランドが今回の映画のために、オリジナルで作った宝石等を使用していたり、超超豪華絢爛な映像は かなり見応えがあります。まだご覧になっていない方、ぜひご覧になってみてはいかがでしょうか。
(住友不動産販売ニューヨーク 金澤悦子)

No comments:

Post a Comment