Monday, July 7, 2014

Tishman Speyer






大手不動産開発のTishman Speyer がハドソンヤードに建設を予定している2.6 ミリオン・スクエアフットのオフィスタワーに$3.2 billion のプライスタグをつけたというニュースです。
このビルは61階建てで、2019年に竣工を予定されています。
Tishman Speyerは今年の始め、34丁目と10番街に開発地を取得し、ここにオフィスビルの開発を予定、New York City Industrial Development Agencyによると、その開発の全コストに$3.2 billionを見積ったそうです。

The IDA はTishmanへ 25年のプロパティータックス約$170 million程の免税をオファーしました。このビルは、LEED Gold standardsで建築を予定。57,000のリテール・スペースを含みます。
この土地の一つは今年始めの販売当初、104階のOne World Trade Centerをも超える、この国で一番高い高層ビルを建てる事が出来る土地としてMassey Knakal によって“Hudson Spire” 開発地として売りに出されていた場所で、Tishman Speyerは開発地を合計$438 millionで購入。しかしTishman のビルは61階建てを予定しているとの事。
建築は2015年の3rd・クオーターから開始予定、4年後の竣工を予定されています。

住友不動産販売NY  岩月美江 Mie Iwatsuki

記事Real Deal より抜粋。
http://therealdeal.com/blog/2014/07/07/tishman-speyers-hudson-yards-tower-to-cost-3-2b-filing/
画像:左から: Tishman Speyer’s の開発地, Jerry Speyer氏とRob Speyer氏。