Friday, February 13, 2015

2015年アメリカで一番ホットな人気上位10の地域


1.        エルサリート (サンディエゴ) 平均住宅価格: $320,000

2.       ディキンソン近郊(フィラデルフィア)平均住宅価格: $192,000

3.       イースト アトランタ(アトランタ)平均住宅価格: $211,000

4.       リトルネック(ニューヨーク、クイーンズ)平均住宅価格: $425,000

5.        ボヘミア(ニューヨーク、ロングアイランド)平均住宅価格: $350,000

6.       カーティス パーク(サクラメント)平均住宅価格: $381,000

7.        アンダーソンビル(シカゴ)  平均住宅価格: $308,000

8.       ウッドリッジ(シアトル)  平均住宅価格: $615,000

9.       クロッカー  (サン フランシスコ 平均住宅価格: $590,000

10.     ウッドリッジ(ワシントン) 平均住宅価格: $388,000


さて、2015年のアメリカ国内の住宅買いエリアが発表されました。

今後もこの人気が続くのか?という疑問をもたれる方も

いると思いますが今年の人気エリアの決め手となったポイントとして

「買手の妥協」が上げられます。

この「買手の妥協」がマーケット全体にどう影響するかが

2016以降の動向として注目できそうです。

売りに出されている物件が買手より多い場合価格はマーケットに則って

決まりますが、買手が一体いくらまで自分は払えるか?

を知ることがまず重要です。

キャッシュ一括で購入されるような投資家とは違いマイホームを

お探しの方にとって、その町で一番トレンドなエリアは

手が届かないが利便性は譲りたくない等の妥協、調整の結果が

上記地域(基本的に許せる範囲の郊外)に相当するようです。


ソースRedfin.com

by Sumitomo Real Estate Agent Corporate Dept. Chika Fissel

Thursday, February 5, 2015

十年間が作る違い:マンハッタンの住宅価格 ‘If you bought a townhouse 10 years ago, you’d be sitting in big money’



Source: Miller Samuel
The real Deal February 05, 2015 記事より。
十年間が作る違い:マンハッタンの住宅価格'05以来、 40パーセントアップ。
10年前にタウンハウスを買った人は、今大金に座っている。」というThe Real Dealの記事とデータを見ました。この記事では、マンハッタンの不動産はこの過去10年間でどれだけ価値が高まったかについてのデータを紹介しています。
ダグラス・エリマンの新しいレポートによると、マンハッタンのコンドとコープの平均価格は、この十年間で40.7%、タウンハウスは50%も上がっており、しかもラグジャリーなコープとコンドは64.4%も価格が上がっています。そしてマンハッタンの2014年の住宅の平均売却価格は$1.7ミリオンを記録しています。そして、2005年から2014年は売却数のボリュームは12,695戸であり、これも25.3%のアップになっており、これは30年間で3番目に数が多い記録となっています。
2014年は近年でもっともマーケットが活動的であったと、エリマンのレポートの著者である、不動産鑑定会社のMiller Samuelの社長ジョナサン・ミラーが述べており、また、クロージングにまではまだ至っていないものの、このまだ借り入れが厳しい状況下に数々の新築物件のコントラクトがサインされている事がみられる、と語っています。
このレポートはまた、2014年のリスティングの在庫(4995戸)は15年間で4番目に低いものであった事を物語っており、且つアブソープション率が4.7ヶ月と過去16年間で2番目に早かったことが見られます。
価格に関しては、この記録的価格は、供給の少なさからでており、また新しいラグジャリー・ユニットがマーケットに入ってきた事に反映されているようです。ラグジャリーコープとコンドの平均売買価格は2014年に$7.3ミリオンであり、それは2005年の$4.5ミリオンと比べ、64.4%も上昇しているというものです。
ダグラスエリマン・マンハッタンのプレジデントであるスティーブン・ジェームスは、このマンハッタンの住宅市場価格が投資目的への強さを反映していると示し、もし10年前にタウンハウスを購入していたとしたら、今頃大金に座っている事であろう、とコメントしました。またミラー・サミュエル氏も 私たちはインターナショナルバイヤー達の非常に多くの購入が見た、それが最近のタウンハウスの価格上昇に繋がっている、とてもニッチなマーケットだ、とコメントしました。
Sumitomo Real Estate Sales NY   SIR 部 岩月 美江
以下はそれぞれの物件の種類別によるマーケット事情:
コープ:
Co-ops saw their market share drop to 60.2 percent in 2014, from 70.7 percent in 1989. The median co-op price rose 16.5 percent in 2014 to $740,000, compared with $635,000 a decade ago. The average co-op price rose 46 percent to $1.5 million from just over $1 million in 2005.
 
コンド:
Condo sales captured 39.8 percent of the market share, up from 29.3 percent in 1989. The median sales price for condos showed the largest gains, compared to other segments of the market, jumping 40.5 percent to $1.35 million from $961,000. The average sales price rose 40.1 percent to $2.1 million from $1.5 million.
タウンハウス:
Townhouses only represent 2.5 percent of the market. The median townhouse price rose 30.2 percent in 2014 to $4.1 million from $3.1 million in 2005. The average townhouse price jumped 51.1 percent to $5.9 million from $3.9 million.
Source: The Real Deal:
http://therealdeal.com/blog/2015/02/05/what-a-difference-a-decade-makes-manhattan-pads-up-40-since-05/

 
 

Tuesday, February 3, 2015

In 2nd Year, Mayor de Blasio Will Focus on Making Housing Denser and More Affordable


<新しくリ・ゾーニングに選ばれた地域>


 
今週火曜日、市長ビル·デブラシオはマンハッタンのイースト·ハーレムからスタテン島のノースショアまでの地域をさらに高密度に、そして手頃な価格のニューヨーク市の住宅をつくるビジョンを発表しました。



市長の使命は、現在の高層住宅ビル開発は、沢山の高所得者にしか届かない価格のものであるが、今後、すべての収入枠の居住者たちのクオリティーある生活の為に、もっと沢山の、もっと高層のビルを建設していくというもの。



NY市の職員より、市長はスパニッシュ·ハーレムとスタテン島のステープルトン、という2つのゾーンを、このもっと高層で、もっと大きめのビルの建設を許可する、リ・ゾーニング計画を発表するだろうとの事。

 

そしてこれは次の10年間の間に、160,000戸の市場価格の住宅を建設する計画で、こうして供給を増やすことにより、NY市の家賃価格の減少をめざすというものです。

 

この計画を成功させるには、前市長ブルーンバーグのときに認可されていた、結果的に高所得者にしか購入のできない多数の高価格高層住宅ビル建設に対する市民の不満や、町並みを変えてしまうジェントリフィケーションに対する市民の感情と意見にも対応していくという課題があるゆえ、市長ビル·デブラシオはこうした問題に関して、近隣地域を成長させると共に、コミュニティーへの配慮にとり組む方針を述べたとの事。

 

この160,000戸の市場価値の高層住宅ビルの建設は、以前に市長ビル·デブラシオが計画した今後10年で建設または保護するとした、200,000戸の住宅建設からさらなる増加となり、これはNY市の住宅の需要と供給の不均衡を正常化するための試みである様です。

 


住友不動産販売NY SIR部 岩月美江


Source: NY Times

http://www.nytimes.com/2015/02/03/nyregion/in-2nd-year-mayor-de-blasio-will-focus-on-making-housing-denser-and-more-affordable.html?ref=realestate

By MICHAEL M. GRYNBAUM