Tuesday, February 3, 2015

In 2nd Year, Mayor de Blasio Will Focus on Making Housing Denser and More Affordable


<新しくリ・ゾーニングに選ばれた地域>


 
今週火曜日、市長ビル·デブラシオはマンハッタンのイースト·ハーレムからスタテン島のノースショアまでの地域をさらに高密度に、そして手頃な価格のニューヨーク市の住宅をつくるビジョンを発表しました。



市長の使命は、現在の高層住宅ビル開発は、沢山の高所得者にしか届かない価格のものであるが、今後、すべての収入枠の居住者たちのクオリティーある生活の為に、もっと沢山の、もっと高層のビルを建設していくというもの。



NY市の職員より、市長はスパニッシュ·ハーレムとスタテン島のステープルトン、という2つのゾーンを、このもっと高層で、もっと大きめのビルの建設を許可する、リ・ゾーニング計画を発表するだろうとの事。

 

そしてこれは次の10年間の間に、160,000戸の市場価格の住宅を建設する計画で、こうして供給を増やすことにより、NY市の家賃価格の減少をめざすというものです。

 

この計画を成功させるには、前市長ブルーンバーグのときに認可されていた、結果的に高所得者にしか購入のできない多数の高価格高層住宅ビル建設に対する市民の不満や、町並みを変えてしまうジェントリフィケーションに対する市民の感情と意見にも対応していくという課題があるゆえ、市長ビル·デブラシオはこうした問題に関して、近隣地域を成長させると共に、コミュニティーへの配慮にとり組む方針を述べたとの事。

 

この160,000戸の市場価値の高層住宅ビルの建設は、以前に市長ビル·デブラシオが計画した今後10年で建設または保護するとした、200,000戸の住宅建設からさらなる増加となり、これはNY市の住宅の需要と供給の不均衡を正常化するための試みである様です。

 


住友不動産販売NY SIR部 岩月美江


Source: NY Times

http://www.nytimes.com/2015/02/03/nyregion/in-2nd-year-mayor-de-blasio-will-focus-on-making-housing-denser-and-more-affordable.html?ref=realestate

By MICHAEL M. GRYNBAUM

No comments:

Post a Comment