Friday, May 19, 2017

マンハッタンに突如、現れる巨大のネズミの風船 The Story Behind the Giant Inflatable Union Rat


ニューヨークで街を歩いていると、いきなり5-6mくらいの大きなネズミのエアーバルーンに遭遇することがあると思います。


 子供の誕生日会?






にしては、ネズミの顔が恐ろしすぎる。







これ、ユニオンラットと言います。



では、一体誰が何の目的でこのかわいくないネズミを用意したのでしょうか?



ニューヨークでは労働組合「UNION ユニオン」が非常に強いです。このネズミに
関係するものが「建設関係の労働組合」で労働組合側が労使交渉をしていることを

アピールしています。



雇用低迷が問題のアメリカ、建設関係者も不当に解雇、給与カットになってしまう
雇用者がいます。
そこで、不当な扱いを受け不満を持つ人々が労働組合に入り雇用主がいるビルの前に
このネズミを置いて、嫌がらをするプロテストの一環です。








「ネズミのような雇い主」という意味をもつ「UNION RAT」実は意外に
高く$2,500~6,000(一匹)するのにも関らず、オーダーはひっきりなしということです。(CNN
ネズミ以外にも、「太ったネコ」や「傲慢なブタ」も存在するようです。








トランプ政権で雇用増加?が期待されてますが、世の中からネズミたちが減ることを願います。



住友不動産販売NY
エージェント フィッセル知賀子 
212-596-0842
chika@sumitomo-ny.com

No comments:

Post a Comment